注目

カードローンを選ぶときに比較したいこと

銀行や消費者金融のカードローンのコマーシャルなどを目にしたことがあるかと思います。このサービスは審査に通過すると、一番早いものでは、当日に融資まで行ってくれるサービスで、急に現金が必要になったときにも非常に便利だと言われています。


・カードローンは利息だけに目を取られないで

カードローンではもちろん、返済のときに負担になる利息に注目したいところです。しかし、現在は利息以外にも様々な特典があるので、利息の数字だけで比較するのはちょっともったいないと言えます。そのため、まずはカードローン会社を利息で比較して、利用したい会社をピックアップ、その後に細かい部分などを比較するというのはどうでしょうか?


・初回利用特典も見逃さないで

カードローンをその会社で初めて利用する、という場合には、初回利用特典が使える可能性があります。これは一定期間を無利息で借りることができるなど、非常にお得なサービスも多いそうです。また近くにあるATMや、ATMの利用手数料なども確認しておきましょう。これらを合わせてカードローン比較すると、初回利用だけは無利息になる会社を使うほうがお得ということもあるかもしれません。返済にかかる全額がいくらになるのか、利息の負担なども計算して比較してみましょう。

注目

即日審査をしてくれるカードローン

カードローンを利用するには審査に通る必要があります。審査というのは、色々な項目を審査されることになるので、申し込みをしてから結果が出るまでに時間がかかります。


カードローンの即日審査

カードローンを利用したい状況によっては、すぐにお金がほしいという状況がありますが、この場合に通常のカードローンの申し込みをしても、その日にお金を借りることは難しいものです。しかし、カードローンを提供している会社によっては即日審査可能なところがあります。これは、インターネットからカードローンの申し込みをして、申し込み後すぐに審査結果を出してくれるというサービスです。これを利用しますと、すぐにお金を借りたい状況でかなり便利になってきます。通常なら数日かかるところが、即日融資ならその日にお金を借りれる可能性があります。どうしてもすぐにお金を借りたいときは、このように即日審査のカードローンを利用してみると良いです。即日融資はすぐにお金を借りれる可能性がありますが、通常のカードローンと同じように金利や限度額など、内容はしっかりと考慮して選ぶことが大切です。お金を借りるスピードと同じように、返済における条件も大切な項目なので、内容を確認してから利用すると良いです。

注目

カードローン利用額の目安

カードローン関連商品というのは延滞や滞納、不払いや破産を防ぐ為に借りる側にも貸す側にも様々な金額の制限が存在します。例えばカードには限度額と言われるリミットが設けられており、どれだけあなたの信用情報が優れていても限度額を上回る借入はそのカードでは行なう事ができません。また収入の1/3を超える金額はいずれの金融機関も貸す事ができないとする総量規制法なる貸金業法があります。


カードローン利用の目安

カードローン会社との契約では基本的に借り入れる事ができる額の上限を、月収の1/10に毎月の返済額が収まる範囲で設定する事が多いようです。例えば年収300万円の人がいたと仮定すると、月収換算した場合には月25万円の給与をもらっている事になります。この場合毎月の返済額は多くても25000円になるようにカードローン会社は設定してきます。その為一旦金利を除外して考えると年収300万の人が借りられる額の上限は25000円/回払いという事になります。例えば10万円だったら4回払い、20万円だったら8回払いといった具合です。また同時に一般的に問題なく返済が続けられるのも月収の1/10程度の返済額だと言われています。


総量規制対象外なのはいいけれど

よく銀行系のカードローンなどでは総量規制対象外である事をウリにした商品が見受けられますが、果たして仮に総量規制の対象にならなかったとしてそのような借入額を返せるのでしょうか。例えば前述の年収が300万円の人の場合、総量規制によって100万円を超える借入ができない事になります。しかし100万円の借入は簡易計算でも25000円の40回払いが前提となりますし、40回払いなら年利15%と仮定した場合利息だけでも最終的には50万円近くになります。カードローンは便利な商品には違いありませんが、よく考えて計画的な利用を心がけるようにしましょう。

カードローンを比較するときにはどこを見比べればいいの?

カードローンを利用する際には複数の業者と見比べてみるといったことが重要となりますが、実際にいざ比較してみようとしてもどこを見ればいいのか分からないといった方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は失敗しない融資選びのためにも優先すべきチェックポイントを幾つかご紹介。
これを参考にすることで自分に合った理想のキャッシングをすぐに見つけることが出来るはずです。


・カードローンは金利だけでなく付帯サービスもかなり重要!

カードローンを比較するときにはつい金利だけを見て決めてしまうということをしてしまいがちですが、実際には金利以外にもお得なポイントは多く用意されているので注意が必要です。
たとえば、新生銀行のレイクなどでは最大180日間利息が発生しないという驚きのサービスも用意しており、こういった大胆なサービスは銀行系では真似出来ない独自のものといえるのではないでしょうか。
また、銀行系カードローンにおいても南都銀行では金利引き下げキャンペーンなど行っているパターンもあるので、自分がどういったポイントに重きを置いているのか把握しておくことが比較をする際には重要です。


・審査スピードや申し込みの手間も選ぶ際には重要です!

お金に困っている人の中にはその日のうちにお金を借りたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そのため、審査が終わって融資を受けるまでにどれくらいの時間がかかるかというのも非常に重要なポイントであるといえるでしょう。
また、最近ではインターネットから申し込みから融資まで終わらせることが出来るサービスが流行っているようですが、ネット完結型であれば忙しくてなかなか日中は店頭に顔を出すことが出来ないといった方にもおすすめとなっています。
しかし、中には店頭や電話での申し込みが必要といったカードローンもあるので、そうした融資であればサラリーマンの方などはなかなか利用することが難しいといえるでしょう。

カードローンで手に入れたお金

カードローンのお金。
これは確かに即日手に入ることも多くとても便利です。
はっきり言って働く必要すらなく手に入るこのお金。簡単に手に入りすぎて危険なほどです。
時間もかからずに、手間もへったくれもなく手に入れたお金はそのお金の重要性を見失ってしまいがちです。
カードローンで手に入れたからといってお金の価値は等しく重い。
いつも、いつも気を付けて使う必要があるのです。
その価値を見失ってしまいがちなカードローンからの借り入れ。しっかりと頭を働かせておいて、お金の価値を見失わないようにしましょう。


・カードローンで借入れる価値観

価値観は人によって様々。
それぞれ人によってそのものに感じる価値は違います。
例えばお金がわかりやすいです。
お金を使う時には人によって個性が一番表れます。買うもの。お金の使いどころには嘘がつけません。
どれだけ日々格好つけて生きている人でも、クールを気取っている人でも一番欲しいもの、買うものには嘘がつけないのです。
欲望には正直と言いますが、本心から「欲しい」と思うものにはその人が現れるのです。
そしてその自分の本心からの「欲しい」それを叶えるためにお金が必要ならばカードローンからお金を借り入れましょう。
カードローンから借りたお金の利用目的は自由に設定できますから、自由にあなたの欲求を満たすことができます。
ある人にとってはすごく大事な、コレクションするくらい大切なものでも、他の人にとっては価値が無い。という話も珍しくないですよね。
これが人によってさまざまな価値観です。そしてその中でもお金は、あらゆる人の中で共通して価値があるものなのです。


・お金の使いどころ、我慢どころ

お金は持っているだけでは意味がありません。
使ってはじめてその効果が現れるもの。ですからお金が必ず必要になる場面ではもちろんのこと、ここでお金を使えば絶対あとあと有利になる場面。
それぞれでお金を動かす必要が出てきますよね。
お金が必要だけど手元にないとき、そしてお金が欲しいときにはカードローンで借りたお金を活用しましょう。
そしてもう一つ、お金を使いたいときに我慢するということ。これも重要です。
お金は使えばなくなってしまう。そしてまた得るためにはたくさんの努力が必要になる。
つまりしっかりと使いどころ、我慢のしどころを見定める必要があるのです。
お金が欲しいとき、お金を使いたいと思った時にも何かを欲しい。買いたいと思った時にもその時々に本当に必要なのかもう一度考えてみてください。

上手いカードローンの利用者は金利に敏感です

上手いカードローンを利用している人は金利計算に敏感です。算数や数学は苦手で……という方は、あまり気にしていません。いわゆるアバウトな感じで、だいたい、このぐらいの利子かな、ぐらいにしか思っていない方が多いようです。お得な利用方法とはいえません。やはり、できるだけ金利の低いカードローンを選びたいところですよね。


<金利の理屈ぐらいは理解しておきましょう>

カードローンの会社に行けば、窓口で金利がどれぐらいになるのか教えてくれます。ただ、すべての会社を回るわけにはいきません。ムリな話です。インターネット上で計算してくれるサイトもあるので、そんな会社を利用するのもいいでしょう。サイトを持っている大半の会社では返済のシュミレーションがあるはずです。ただ、これもなかなか面倒かもしれません。大手では、さまざまなプランを用意している会社が多くあります。カンタンでもいいので金利の理屈ぐらいは理解しておいたほうがいいでしょう。


<年率について>

例をあげてみます。実質金利の年率が10%で10万円を1カ月、借りたとしましょう。この年率というのが分からない人が多いようです。10万×10%÷365日×30日……約
822円の金利がつきます。10%は0.1ですね。それを1年で割って1ヶ月分をかけた……こういう感じです。実際はこれほど単純ではありませんが、このような知識には関心を持っておくべきだと思います。

カードローンはネット申し込みでスムーズに

カードローンはインターネットを経由した申し込みで、非常にスムーズに進むようになりました。今まで抵抗があるという人の多くが、審査の申し込みなどでカードローン会社の人と顔を合わせることが嫌だなどの声があったのですが、ネットを経由することでストレスが軽減されたことも大きいようです。


カードローンはネットで気軽に申し込み

カードローンは無人契約機などを設置するなど、心理的なストレスをできるだけ軽減する努力を行っていました。しかし、インターネット申し込みでは自分の身分証明書なども写真機能を使って添付することを可能にしていますし、誰か知らない人と顔を合わせる、消費者金融のATMを使うストレスなく、お金の借り入れ、返済もできるので、非常に便利になっているそうです。


銀行はキャッシュカードでローンのお金も管理できる

銀行などでは、カードローン専用カードを発行せず、その銀行のキャッシュカードさえあれば、キャッシュカード一枚で借り入れや返済にも対応できるようにしているところもあるそうです。カードローンを使っているとわかることはATMではめったにありませんが、人の目に対するストレスへの対応は、非常に進化していると考えていいでしょう。

カードローンの審査基準に満たない人とはどんな人

カードローンの審査の基準に満たない人は融資をうけることができませんカードローンの申し込みをすると、必ず審査が行われます。銀行や消費者金融など、審査基準については多少の違いはありますが、必ずあるものなので、申し込んだからと簡単に融資を受けることはできません。まずは審査基準と照らし合わせ、基準に合わなければその時点で審査が通ることはありません。急いでるからとあちこちと申し込んでしまうのもよくありません。一つのところで断られると、別のところでも融資を断られてしまうことがあるので、とても注意が必要です。


<カードローンの融資を受けやすい人とは>

では反対に、どんな人が通りやすいかといいますと、他での借り入れが少ない人は、当然のことながら融資を受けやすいです。それと、安定した収入があり、勤めている会社での勤続年数が長いこと、なぜかというと、一つの会社での勤続年数が長いと、退職金などでの返済が見込まれるためということもあります。そしてもうひとつ、重要だと思われるのは、
在籍確認です。在籍の確認というのは、本人が本当にそこに勤めているかなどを調べるものですから、在籍確認がとれますと信用度が増します。それくらい大切なことでもあります。

複数のカードローンをまとめてしまおう

カードローンは、申し込みすれば借りやすい物もたくさんあり、ついつい複数から借りてしまっている人もいるのではないでしょうか。複数から借りてしまうと返済も煩雑になってしまったり金利も統一されていなかったりしますので返済額が高くなってしまいます。複数から借りており、返済が煩雑になったら積極的におまとめカードローンを利用しましょう。


<カードローンをまとめると返済先を統一させることができる>

一本化してしまえば、当然返済先は新たに契約した金融機関のみになります。そのため、返済は非常にシンプルとなり簡単に返済して行くことが可能となるでしょう。返済先をシンプルにするためにもおまとめカードローンは便利です。


<金利も統一化されるので場合によっては返済額も減らすこともできる>

カードローンをまとめますと、当然金利の方も一本化されるようになります。そうなりますと、今までバラつきのあった金利を一本化することで計算も楽になり、そして返済額も減らすこともできるでしょう。基本的にはどこも金利にばらつきがあるので、金利による利息分の返済額も馬鹿にすることはできません。金利の低い所で新たにまとめてもらうと当然、利息による返済額も少なくて済むのです。

消費者金融系のカードローンは審査が容易

審査に時間がかかることが多い銀行のカードローンに対して消費者金融系のカードローン審査が迅速に行われるようです。速いところだと1時間もかからず審査が終了するところもあり、その場で使うこともできるようです。


・カードローンが作りやすい

消費者金融系のカードローンは審査が迅速なので、緊急に現金が必要になったようなときに非常に便利ですし、さらに審査の基準も銀行よりも低く審査が通りやすいので、銀行では審査が通らなかった場合でも、消費者金融系ならば通る場合があるようですからカードローンを開きやすいというメリットもあります。利便性も銀行やコンビニのATM機が使える場合が多いので、銀行のカードローンと変わりません。


・金利と借りられる限度額

審査が通りやすい消費者金融系のカードローンですが、銀行のカードローンより金利が高いという弱点がありますので、消費者金融系のカードローンを使う場合は銀行のカードローンよりもしっかりとした返済計画を立てておくことが必要になってきます。また借りられる限度額が銀行のカードローンより低くなるのも消費者金融系のカードローンの弱点と言えますが、これについては借り過ぎると金利が高い消費者金融系のカードローンを使いすぎると返済が大変になりますから、借り過ぎ防止にちょうど良いのかもしれません。

使い勝手のあるカードローン

金利ゼロで最大30日間15万円を借りることの出来るカードローンサービスは、金利ゼロ期間中に返済すれば全て返済に充当してくれるので、一寸した入用のお金を工面するには、使い勝手のあるサービスです。このサービスは金利ゼロ期間が過ぎた翌日からは、通常の貸付金利に戻るので注意がひつようです。大抵の場合、金融機関は一度カードローンを利用すると、審査も簡単であり請求したその日の内に融資が受けられるので、旅行先などで資金不足に陥った場合は重宝できます。


<利息は利用日数分のみの契約を確認しておくこと>

利息は利用日数分のみの契約であれば、いくら年率の金利が高くとも返済を早めに実施すれば、比較的割安な金利負担で済むので、返済は絶対に疎かにしないで一日でも早く実施する事をお勧めします。

<振込、出金は同じ系列の金融機関が便利>

カードローンの利用先の指定銀行あるいは同じ銀行への振込みや出金を行えば、即時融資、手数料なし等の特典が得られるので、利用する可能性がある場合は、事前準備として利用する金融機関と指定口座を決めておくと、利便性が良く余分な出費を抑えることが出来ます。

<カードローン利用はほどほどに>

使い勝手があるとは言え、やはり金利負担は大きく、複数の金融機関で融資を受けたりすると、多重債務に陥る可能性があるので、借りる先は一金融機関のみを厳重に守り、返済不能にならないように徹底した自己管理が必要です。

カードローンでブランド品を買うのはイケナイこと?

私、よくカードローンでブランド品を買っています。友達には「買い物依存じゃないの?」とか「生活は平気なの?」とか言われるのですが、いたって私は問題なく日々の生活を過ごしています。カードローンでショッピングと言うと響きは悪いですが、使い方ひとつです。私のカードローン利用術を公開しますね。


カードローンでカバンを無理なく買う方法

一度クレジットカードの審査に落ちて以来、私は大きな買物をする時にカードローンを使っています。例えば20万円のカバンが欲しいという時は自分の口座から5万円を下ろし、次にカードローンで15万円引き出して即購入します。翌月から2万円ずつ返せば8~9ヶ月で完済できます。ここで20万円全額借りると利息が増えるので、なるべく借入は10万円台にするというのが私の小技です。


返済も楽なので今から次のショッピングが楽しみ

毎月2万円程度の出費なら支払いも楽ですし、返済も半年とちょっと経てば終わるのですぐにまた買い物ができます。つまり、20万円ほどもする高いカバンであっても8~9カ月スパンで確実に入手することができるということ。これで私、今までいくつもカバンをゲットしています。だけど返済は滞ったこと無いですし、特に困ったこともありません。カバンが趣味なのでカバンに関しては妥協したくないのです。いかがですか? 私の利用術は。私と同じ様にブランド品が欲しいという方は是非試してみてくださいね。

カードローンと馬鹿とハサミは使いよう

カードローンと馬鹿とハサミは使いようだと、ある人が言っていましたがその通りだと思います。元は「新聞紙とハサミは使いよう」という言葉が正しいのですが、これは「新聞紙とハサミは、アイディア次第で色んな用途に使える」という意味ですね。しかし皆さんも一度は聞いたことがある「馬鹿とハサミは使いよう」という言葉だと、「使い方を間違えると危険だが、正しく使えば便利である」という意味になっているようです。


カードローンも使い方次第

カードローンは後者の方だと個人的には思っています。使い方を間違えれば危険であることは間違いありません。いくらなんでも「そんなことありません。カードローンには何のデメリットもありません!」なんてことは言えません。
だからといって「危険極まりないものなので絶対に使うな」とも言えないぐらいには便利なものです。これもまた事実ではあると思うのです。


融資可能残高≠貯金残高

ではどうしたらカードローンの使い方を間違えないかと言えば、間違えてしまった人が口々に言う「融資可能残高を貯金残高と錯覚してしまった」というポイントが大きいと思います。ここさえ気を付けておけば、気が付いたら限度額いっぱいまで借りて返せなくなったということはないでしょう。

カードローンの返済に失敗しないために

カードローンは非常に便利なサービスです。冠婚葬祭のちょっとした出費から、転職活動中の生活費補てんや、資格を取るための学費など、その使い道は無限。どうしても急にお金が必要になった場合に助けてくれる我々の心強い味方、それがカードローンなのです。しかし、それは計画的な返済をしてこそ。返済で失敗しないためのコツをここでご紹介しましょう。


リボルビング払いに甘え過ぎない

カードローンの返済はリボルビング払いであることが多いですが、最低規定額だけの支払いでは利息が増えてしまいます。「1ヶ月8,000円からの支払いでOK」だからといって、収入に余裕があるのにも関わらず毎月8,000円の返済しかしなかったら利息額は増える一方です。自分で返済額を変えられるのがリボルビング払いの利点ですが、つい最低規定額だけの支払いにしてしまって返済期間を延ばしてしまう人が多いのも事実です。返せる時は多めに返す。これが基本です。


カードローンは常に残額を意識しましょう

カードローンで重要なのは常に「あとどれくらい残額があるか」を意識することです。分割払いの場合は支払った回数によって自分の残額を推し計ることができますが、リボルビング払いは残額の把握がそれに比べてしづらいので利用の度に明細書などで残りの金額を確認しましょう。そういった心掛けが返済で失敗しないコツなのです。

カードローン審査に必要なもの

カードローンの利便性が上がっているそうです。最高限度額内であれば、借り入れ、返済が自分の銀行のように利用できることや、提携ATMが増えていることから、利用に不便を感じにくいことなどがメリットとして挙げられていると言われています。


審査に必要な書類

カードローンの審査では、本人確認書類が必須となります。公的に自分の身分を証明できるものであれば、種類は問われないそうです。免許書や保険証、住民票などでも大丈夫だと言われています。ただし書類によって写しの範囲などがかわってくることがありますので、その範囲を間違えないようにしましょう。収入証明書はカードローン会社から提出を求められたときだけ、提出する必要があります。


収入証明書は源泉徴収票など

収入証明書を提出する場合は、源泉徴収票や給与明細などでいいと言われています。給与明細の場合は直近の数か月分が必要になる場合などもあるそうです。借入希望金額が大きい場合、予め準備しておくと審査までスムーズに進むでしょう。審査のあとに在籍確認の電話などがありますが、この場合は社名などを伏せて、名前の確認だけの確認です。カードローンの利用が他の人に分かってしまうことはないと言われています。

カードローン会社を比較する

カードローンサービスを利用する人が増えているそうです。保証人や担保の必要がなく、審査に申し込みができることから、誰かに気兼ねすることなく利用できるのも大きなメリットのようです。しかし、最初に利用するとなると、どこの会社を選んでいいか悩むものです。


比較したい利息の数字

まず、絶対に比較したいのが利息です。パーセンテージの表記での差は多くはありませんが、実際には借りた金額に対してかかるものなので、わずかな違いで、ときにおおきな金額で変わってしまうこととなります。返済シミュレーションなどが公式サイトにありますので、しっかりと返済でかかる総額で比較をして、カードローン会社を選びたいものです。


提携ATMなども確認を

カードローンのメリットは、一度借りることができれば、上限金額(限度額)までであれば自由に出し入れができるという点です。完済していなくても、限度額までの借り入れはATMを経由して可能なので、提携ATMが近くにあるかどうかという点が非常に大切になってきます。返済でもATMを利用することができますので、手数料がかからないATMの場所などが自宅や職場、自分がよく使う場所にある会社を選ぶことで、そのあとも余計な負担を感じることなく利用できます。