カードローンの返済に失敗しないために

カードローンは非常に便利なサービスです。冠婚葬祭のちょっとした出費から、転職活動中の生活費補てんや、資格を取るための学費など、その使い道は無限。どうしても急にお金が必要になった場合に助けてくれる我々の心強い味方、それがカードローンなのです。しかし、それは計画的な返済をしてこそ。返済で失敗しないためのコツをここでご紹介しましょう。


リボルビング払いに甘え過ぎない

カードローンの返済はリボルビング払いであることが多いですが、最低規定額だけの支払いでは利息が増えてしまいます。「1ヶ月8,000円からの支払いでOK」だからといって、収入に余裕があるのにも関わらず毎月8,000円の返済しかしなかったら利息額は増える一方です。自分で返済額を変えられるのがリボルビング払いの利点ですが、つい最低規定額だけの支払いにしてしまって返済期間を延ばしてしまう人が多いのも事実です。返せる時は多めに返す。これが基本です。


カードローンは常に残額を意識しましょう

カードローンで重要なのは常に「あとどれくらい残額があるか」を意識することです。分割払いの場合は支払った回数によって自分の残額を推し計ることができますが、リボルビング払いは残額の把握がそれに比べてしづらいので利用の度に明細書などで残りの金額を確認しましょう。そういった心掛けが返済で失敗しないコツなのです。