カードローン審査に必要なもの

カードローンの利便性が上がっているそうです。最高限度額内であれば、借り入れ、返済が自分の銀行のように利用できることや、提携ATMが増えていることから、利用に不便を感じにくいことなどがメリットとして挙げられていると言われています。


審査に必要な書類

カードローンの審査では、本人確認書類が必須となります。公的に自分の身分を証明できるものであれば、種類は問われないそうです。免許書や保険証、住民票などでも大丈夫だと言われています。ただし書類によって写しの範囲などがかわってくることがありますので、その範囲を間違えないようにしましょう。収入証明書はカードローン会社から提出を求められたときだけ、提出する必要があります。


収入証明書は源泉徴収票など

収入証明書を提出する場合は、源泉徴収票や給与明細などでいいと言われています。給与明細の場合は直近の数か月分が必要になる場合などもあるそうです。借入希望金額が大きい場合、予め準備しておくと審査までスムーズに進むでしょう。審査のあとに在籍確認の電話などがありますが、この場合は社名などを伏せて、名前の確認だけの確認です。カードローンの利用が他の人に分かってしまうことはないと言われています。