上手いカードローンの利用者は金利に敏感です

上手いカードローンを利用している人は金利計算に敏感です。算数や数学は苦手で……という方は、あまり気にしていません。いわゆるアバウトな感じで、だいたい、このぐらいの利子かな、ぐらいにしか思っていない方が多いようです。お得な利用方法とはいえません。やはり、できるだけ金利の低いカードローンを選びたいところですよね。


<金利の理屈ぐらいは理解しておきましょう>

カードローンの会社に行けば、窓口で金利がどれぐらいになるのか教えてくれます。ただ、すべての会社を回るわけにはいきません。ムリな話です。インターネット上で計算してくれるサイトもあるので、そんな会社を利用するのもいいでしょう。サイトを持っている大半の会社では返済のシュミレーションがあるはずです。ただ、これもなかなか面倒かもしれません。大手では、さまざまなプランを用意している会社が多くあります。カンタンでもいいので金利の理屈ぐらいは理解しておいたほうがいいでしょう。


<年率について>

例をあげてみます。実質金利の年率が10%で10万円を1カ月、借りたとしましょう。この年率というのが分からない人が多いようです。10万×10%÷365日×30日……約
822円の金利がつきます。10%は0.1ですね。それを1年で割って1ヶ月分をかけた……こういう感じです。実際はこれほど単純ではありませんが、このような知識には関心を持っておくべきだと思います。